未分類

【医療DXを進める】ライフサイエンス領域における

アーカイブ動画

【医療DXを進める】ライフサイエンス領域における

AIソリューションの最新ラインナップ紹介

2021年1月19日(水)  

【ログイン後、セミナーの資料がダウンロード可能です。】

受講のポイント

 

時代の変化が激しい中、Society5.0を内閣府も提唱しています。仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立し、人間中心の社会を構築するための一つのツールとして、AIは欠かせない存在になってきました。
FRONTEOのライフサイエンスAI事業は、そのようなAIテクノロジーの価値の最大化を図ることで、医療の向上や生命科学の分野における技術革新に貢献することを目的としています。

会員のみ、視聴いただけます。

同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

【下部フォームより、セミナーの資料がダウンロード可能です。】

 時代の変化が激しい中、Society5.0を内閣府も提唱しています。仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立し、人間中心の社会を構築するための一つのツールとして、AIは欠かせない存在になってきました。
 FRONTEOのライフサイエンスAI事業は、そのようなAIテクノロジーの価値の最大化を図ることで、医療の向上や生命科学の分野における技術革新に貢献することを目的としています。
 本ウェビナーでは、弊社の自然言語処理に特化したAIソリューションの最新ラインナップをご紹介いたします。

 

セミナー概要:
紹介製品ラインナップ紹介:
・Amanogawa: 膨大な論文情報を、一瞬で網羅的かつ視覚的に解析・分析
・Cascade Eye: 膨大な論文情報から、遺伝子や疾患、分子等(ターゲット)のつながりを一瞬にして可視化
・Mekiki:テキスト情報の自動分類や階層化の上効率的に検出。Medra、ICD-10に対応
・WordATLAS: 世界の研究開発、論文掲載トレンドをマップ上で可視化。KOLの繋がりや研究テーマの変化も解析

 

演者

株式会社FRONTEO ライフサイエンスAI事業本部 医療DXチーム 部長 
大角 知也
大角知也.jpg
2006年にIQVIAへ入社後、営業職(MR)を経て、Project Manager、Group Manager、新規事業開発責任者に就任。オンコロジー領域を中心にマーケティング、トレーニング、コンサルティング、メディカル関連のプロジェクトを担当。オンコロジーMRやMSL、看護師(Clinical Educator)等の新規事業の立上げや組織改革に携わる。2019年より患者サポートプログラムの新規事業開発責任者として患者さん向けの新規サービスを立ち上げる。
2020年に早稲田大学ビジネススクールで経営学修士号(MBA)を取得。在学中に医療用医薬品の臨床開発に関する定量的研究を行い修士論文を執筆。
2021年にFRONTEOに参画し、ライフサイエンスAI事業本部の医療DXチームの責任者に就任。AI活用により、医療課題の解決に挑む。 

資料ダウンロード

必要事項をご入力の上、送信ボタンを押下して頂ければダウンロードできます。

Show More
Back to top button
ja 日本語
X