アーカイブ(セミナー・イベント)セミナー動画・資料

【第1回LSBA】医療分野におけるデータドリブンマーケットの動向と将来像

2022年4月13日(水) 18:15 開催

アーカイブ動画

【第1回LSBA】医療分野におけるデータドリブンマーケットの
動向と将来像

2022年4月13日(水) 18:15 ~ 18:55

【ログイン後、セミナー動画の視聴が可能です。】

※本動画は、第1回LSBA(FRONTEO Life Science AI Business Academy)講演内容抜粋版です。

【聴講ポイント】

 世界的に情報化社会が進展する中、スマートフォン等の携帯端末の普及、SNS等のコミュニケーション型アプリの普及に加え、電子カルテの普及や遠隔医療の拡大、リアルワールドデータの活用など、医療の分野においてもAIの導入やデジタル化の流れが今までになく急速に拡大をしています。一方、AI技術の進展に加え、ソフトウェアや通信ネットワークの問題、更には業界ならではの複雑な規制もあり、医療や製薬の分野において実用化されているAIソリューションはまだ限られているのが現状です。
 本セミナーでは医療業界におけるデータドリブン市場の最新動向に加え、AIを中核としたプログラム医療機器の開発や業界の将来像について、具体的な事例も踏まえ紹介いたします。

会員のみ、視聴いただけます。

同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

※本動画は、第1回LSBA(FRONTEO Life Science AI Business Academy)講演内容抜粋版です。

【聴講ポイント】
 世界的に情報化社会が進展する中、スマートフォン等の携帯端末の普及、SNS等のコミュニケーション型アプリの普及に加え、電子カルテの普及や遠隔医療の拡大、リアルワールドデータの活用など、医療の分野においてもAIの導入やデジタル化の流れが今までになく急速に拡大をしています。一方、AI技術の進展に加え、ソフトウェアや通信ネットワークの問題、更には業界ならではの複雑な規制もあり、医療や製薬の分野において実用化されているAIソリューションはまだ限られているのが現状です。
 本セミナーでは医療業界におけるデータドリブン市場の最新動向に加え、AIを中核としたプログラム医療機器の開発や業界の将来像について、具体的な事例も踏まえ紹介いたします。

 

講演内容(本編一部抜粋)
・ライフサイエンス分野におけるデータドリブン市場の到来
・AI登場による情報分析市場の変化
・未病、予防市場の拡大と消費財&デジタルのフロンティア市場の覇権争い
・未病、予防から診断、治療、予後管理の一元化の流れ
・パーソナルメディケーションの進展
・AI診断がもたらす医薬品市場の変化
・AIソフトウェア医療機器開発の課題
・Dxがもたらす製薬メーカーの役割、業態の変化
・AIとライフチェンジングイノベーション

 

◆こんな方にオススメ!
以下の企業にお勤めの方
・製薬企業
・ヘルスケア・医療関連企業
・デジタルヘルス関連企業
・健康食品グッズ企業
・介護関連事業者

 

登壇者

株式会社FRONTEO 執行役員/ライフサイエンスAI事業本部長
髙橋 真人

null

アステラス製薬(旧藤沢薬品)に入社後、営業職(MR)を経てプロダクトマネジャーとなり、プライマリー領域からスペシャリティー領域(臓器・骨髄移植、自己免疫疾患、希少疾患、呼吸器疾患、アレルギー疾患等)まで幅広い領域で医薬品マーケティングを経験。後に免疫領域のヘッドとして指揮をとる。2016年に製薬バイオベンチャーのシンバイオ製薬に入社。マーケティングヘッドとして血液がん事業の立ち上げに携わり、血液領域に特化した自社販売(医薬品製造販売業者)体制の構築やデジタルシステムの構築に加え、ライセンスビジネスやアライアンスマネジメントに従事する。
2019年FRONTEOに参画し、世界初の言語解析AIを活用した医療機器開発・上市にむけた事業戦略を立案・指揮。AI技術を活用したドラッグディスカバリ・ドラッグリポジショニングの新規ビジネスモデルを構築。2021年執行役員に就任。AIと医療を融合させたライフサイエンスカンパニーとしてグローバルトップを目指す。
Show More
Back to top button
ja 日本語
X