FRONTEO | ライフサイエンスAI

事業戦略

FRONTEOのライフサイエンスAI事業は、ドラッグディスカバリ領域とデジタルデバイス領域の二つに大別され、ドラッグディスカバリ領域においては創薬支援を行い、デジタルデバイス領域においては、国内初のAI医療機器の承認、実用化を目指しています。
現在鋭意開発を進めている「AIを活用したデジタル医療機器」は、総務省が推進しているパーソナルヘルスレコード(PHR)※1や厚生労働省が導入を検討している遠隔診療、医療ビッグデータの活用※2など、さまざまな分野での応用が期待されており、製薬企業や医療機器メーカー、医療関係者だけでなく、地域医療の発展や高齢者対策等にも有用な技術であると考えています。

※1 総務省「医療・介護・健康分野の情報化推進」
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/iryou_kaigo_kenkou.html

※2 厚生労働省「今後のデータヘルス改革の進め方について(概要)」
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000545973.pdf

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

   03-5463-6330

株式会社FRONTEO ライフサイエンスAI事業本部

     CONTACT FORM