FRONTEO | Legal Tech

FRONTEO Life Science

COMBAT COVID-19
緊急特設サイト

新型コロナウイルス感染症対策にAIで挑戦します。

新型コロナウイルス感染症という世界的な課題に対し、FRONTEOがAIの技術を活用して社会に貢献できることは何かと考え、当社の創薬支援AIシステムを活用したドラッグリポジショニング(既存薬の活用)の研究に着手致しました。 候補薬発見のヒントとなるパスウェイマップを構築し、研究のスピードアップに貢献します。
FRONTEOの最先端技術が、一日も早い事態の収束の一助となることを目指します。

FRONTEOの新型コロナウイルス感染症に対する研究

病気や薬剤のメカニズムを可視化するAIシステム「Cascade Eye」を利用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するドラッグリポジショニングの研究を実施しています。「Cascade Eye」は当社の自然言語解析AIエンジンである「Concept Encoder(conceptencoder®、コンセプト・エンコーダー)」を搭載しています。AIが、最新の論文や医薬研究データから、疾病の関連性やメカニズムをパスウェイ状(関係性や相互作用を表す経路図)に可視化します。今回の研究では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかわる重要な分子や遺伝子を視覚的に捉え、既存薬での治療可能性を探ります。

  • ①AIを活用した候補薬探索の概要

    豊柴 博義

    資料PDF:1.55MBPDF

  • ②FRONTEOのAIによるDrug Discoveryについて

    豊柴 博義

    資料PDF:3.89MBPDF

  • ③感染症パンデミックに対するインテリジェンス

    守本 正宏

    資料PDF:1.42MBPDF

  • ④COVID-19に対して行った探索

    豊柴 博義

    資料PDF:1.23MBPDF

  • ⑤探索結果(1) TOP1阻害剤

    豊柴 博義

    資料PDF:2.34MBPDF

  • 新型コロナウイルス感染症のパスウェイマップ

ライフサイエンスAI Lab.

2020年4月1日にオープンしたライフサイエンスAI Lab.は、AIによる解析の高度化や活用シーンの広がりを追求する拠点です。大型の4面モニタを備え、創薬支援では、論文情報や研究データをマップで表し、広く映し出すことで、ターゲットの化合物や遺伝子との関連性をより直感的に探索することができます。

 

ライフサイエンスAI Lab.

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

   03-5463-6330

株式会社FRONTEO ライフサイエンスAI事業本部

     CONTACT FORM