FRONTEO | ライフサイエンスAI

自動分類・審査AI「Mekiki」

医学専門情報をAIが解析し、自動仕分け

「Mekiki」は、FRONTEOのライフサイエンス専門AIエンジン「Concept Encoder」を用いて、医療・医学専門情報の自動的な仕分けを行うシステムです。
製薬企業・医療機関・研究機関等で取り扱われる疾患情報や特許情報、薬剤の安全性情報・競合品情報、営業・広報関連文書などをはじめとする専門性の高い情報を、目的に応じて検出・分類・審査。対象とするデータは文書ファイル・電子メール・スライドファイルなど、どのような形式でも可能で、専門用語や業界特有の分類・管理基準にも対応しています。

文書管理・書類審査にかかる多大な労力・コストを削減

 製薬企業では、臨床開発・薬事申請・品質管理などの業務における厳格な基準に基づく医療専門情報の取り扱いに加え、「医療用医薬品の販売情報提供活動ガイドライン」に則ったプロモーション活動の監督指導など、文書管理・審査業務に多大な労力とコストをかけています。
 Mekikiは、審査対象とすべきテキストをAIが自動的に抽出し、大幅な業務効率化を実現します。仕分けの区分はユーザーが目的や必要に応じて自由に設定することのできる、フレキシブルな設計です。


Mekikiのシステム画面

 「Mekiki」に読み込ませたデータをAIが解析し、ユーザーの設定した基準に従って、基準に合致するもの・合致しないもの・どちらの可能性もあるものに分類します。各分類カテゴリを、さらに階層化して仕分けすることも可能です。注視すべき単語や内容はハイライト表示され、効率的に確認作業を行えます。


※テキストは機能紹介用のサンプルです。

Concept Encoderとは

Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)は、FRONTEOライフサイエンスAI事業本部が開発した人工知能(AI)です。自由記述のテキストデータを大量に含むヘルスケア関連のビッグデータを、エビデンスに基づいて有効に解析・活用することができます。

ライフサイエンスAI事業本部へのお問い合わせ