FRONTEO | Legal Tech

NEWS・活動報告

共和薬品工業とFRONTEO、 AIを活用した認知症診断支援システムに関する 事業提携について基本合意

共和薬品工業株式会社(本社:大阪府、代表取締役社長:角田礼昭、以下共和薬品工業)と株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本正宏、以下FRONTEO)は、認知症診断支援システムに関し、事業提携に関わる基本合意書を締結しました。


認知症診断支援システムはFRONTEO独自の自然言語解析AI「Concept Encoder」を利用し、患者さんと医師との間の5〜10分程度の会話から認知機能障害の有無や重症度を判定する事が期待されている画期的なシステムです。本システムは、自然言語を使って認知症を診断する世界初のシステムとして、医療現場への早期実用化を目指しています。


プレスリリースはこちら

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

   03-5463-6330

株式会社FRONTEO ライフサイエンスAI事業本部

     CONTACT FORM