FRONTEO | ライフサイエンスAI

AIで全ての人に等しい医療を
FRONTEOは人とテクノロジーの成長を信じます
AI×自然言語

ライフサイエンス領域に特化した自然言語解析AI

Concept Encoderは、FRONTEOが独自に開発した、人工知能(AI)です。自由記述のテキストデータを大量に含むメディカルデータを、エビデンス(根拠)に基づいて有効に解析・活用することを目的に2018年に開発しました。
ヘルスケア従事者の共通認識である「エビデンスに基づいた医療(EBM)」に欠かせない有意差検定などの統計学的手法を自然言語解析に導入、実現しています。FRONTEOではConcept Encoderを使った様々なソリューションの研究開発を進めています。特許登録番号:特許第6346367号

辞書が不要

言語を選ばない

テキスト×数値の
共解析が可能

単語と文章を
まとめて解析、
近似式で実現

テクノロジー 詳細

ライフサイエンスAI事業本部へのお問い合わせ